水槽の清掃や消毒はもちろん、総合的な点検により不具合を事前にチェックすることは毎日使用する水を安全な状態で供給するためには、極めて大事なことです。
大昭工業では経験ある有資格者が入念な診断を行い、水槽・配管・ポンプなどの貯水槽設備から排水管・地下槽・グリストラップまで総合的なメンテナンス体制で清掃・維持・管理に対応致します。

貯水槽とは?

貯水槽とは受水槽や高置水槽など水槽の総称です。
ビルやマンションなどでは、高いところへ水道水を送るため、水道管を通って送られてきた水をいったん受水槽にためて、ポンプで直接、または、高置水槽を経由して各ご家庭へ送るようになっています。
この受水槽と高置水槽を合わせた設備を一般的に貯水槽といいます。

 

water01.gif

貯水槽水道設置者(管理者)のみなさまへ

ビル・マンション・アパート・病院・学校等では、水道水を受水槽や高置水槽を通じて給水しています。 このような施設では、管理が十分でないと水道水に問題が発生する場合があり、水道法などにより 貯水槽の設置者(建物の所有者)に施設の適正な管理が義務付けられています。 水道水が受水槽に入るまでの水質は水道事業者が管理しますが、受水槽以降については設置者の責 任の下で管理しなければなりません。

貯水槽は清掃・点検の義務があります。

貯水槽(水タンク)の清掃は、給水設備が充分な機能を発揮し、衛生的で安全な水を配給する事を目的に、建築物衛生法など義務づけられています。

  簡易専用水道
(受水槽の有効容量が10m3超)
小規模貯水槽水道
(受水槽の有効容量が10m3以下)
管理基準の根拠 水道法 第34条の2
水道法施行規則 第55条、56条
各自治体の供給規定(条例・要綱など)
管理内容 ・水槽の清掃(1年以内ごとに1回)
・水槽の点検、汚染防止処置の実施
・必要に応じ水質検査の実施
・指定検査機関による管理状況の検査(年1回)
・供給する水が人の健康を害する恐れがあること
を知った時には、直ちに給水を停止し、関係者に
周知する。
簡易専用水道の管理基準に準ずる。
(詳細は各自治体により異なる)
 

大昭工業は水廻りをトータルに管理する水廻りの総合企業です。

大昭工業では、「安全・安心・清潔」な水廻りをトータルに管理する水廻りの総合企業です。貯水槽の定期点検・維持管理から排水溝の清掃、下水管工事まで水廻りの事なら全て私達にお任せ下さい。
総合力を活かしたトータルサービスで、経験豊かな専門のプロスタッフが信頼の技術でお応え致します。