合併処理浄化槽の特徴

1.家庭のさまざまな水のよごれに対応しています。

2.水の汚れを役に立つ微生物に変えて「汚濁物質」を減らします。

3.自然の水に近い状態に浄化して、水の再利用もできます。

合併処理浄化槽のしくみ

16.gif

①ブロア部

合併処理浄化槽の「好気性微生物」を元気にする装置です。

空気を好む「好気性微生物」を元気にして、浄化をうながすために重要な送風装置です。汚れた水の中にどんどん空気を送り込んで、「接触ばっ気槽」の中の「接触材」についた「好気性微生物」をはたらかせ、汚水中の有機物をさらに浄化させます。

②嫌気ろ床槽

ろ材が浮遊物をとり除き「嫌気性微生物」が水の中の汚れ(有機物)を浄化します。

「嫌気ろ床槽」では、汚れた水に含まれる浮遊物(固形物)を「ろ材」がとり除くほか、酸素を必要としない「嫌気性微生物」が汚水中の有機物を分解し、浄化します。第1室から第2室に汚水が移って、さらに同様の手順で浄化されます

③接触ばっ気槽 

液体と空気を接触させてばっ気し、接触財の「好気性微生物」により汚水循環接触させて浄化します。

液体と空気を接触させて、液体に空気中の成分(酸素等)を吹き込むことを「ばっ気」といいます。「接触ばっ気槽」では、「接触材」に付着する生物膜(好気性微生物)を利用して、ブロアにより汚水を「ばっ気」しながら「接触材」に循環接触させて、汚水中の有機物をさらに浄化しています。

④沈殿槽

浄化した処理水に含まれる固形物を沈殿させ上澄み水を消毒槽へ送ります。

「沈殿槽」では、浄化した処理水に含まれる固形物を沈殿させ、きれいな上澄み水を消毒槽へ送ります。「消毒槽」では、塩素消毒をして、衛生的に安全な水として放流します。