どんなに優れた浄化槽でも、使い方をまちがったりきちんと手入れをしなければ、
水をきれいにする力が弱まります。
誰にでもできるポイントを紹介します。

浄化槽のはたらきもの「微生物」を元気にする方法

浄化槽のはたらきものは、水の汚れを分解・浄化する「微生物」。微生物が元気になれば、水をきれいにする力も強くなります。微生物がはたらきやすい環境にするために、次の点に注意して浄化槽を使いましょう。

1.トイレの洗浄水は十分な量を流す。

06_phto_12.gif

2.便器の掃除には、微生物に影響するような薬剤を使用しない。

06_phto_13.gif

3.トイレにトイレットペーパー以外の異物を流さない。

06_phto_14.gif

4.浄化槽の電源は切らない。また、通気口や送風機の空気取り入れ口はふさがない。

06_phto_22.gif

5.マンホールの上に物を置かず、蓋はいつもきちんと閉めておく。

06_phto_23.gif

6.消毒剤は切らさず、常に消毒されるようにする。

06_phto_24.gif

7.台所から、野菜くずや天ぷら油などは流さない。

06_phto_32.gif